日本列島の形成とテクトニクス

日本列島形成の歴史

約1億3000万年前

ジュラ紀に形成された付加体が、アジアの東縁で起きた横ずれ運動で北上していった(※諸説ある)。このとき、黒瀬川構造線や中央構造線の原型が作られた。
約7000万年前

四万十帯がジュラ紀付加体の下に潜り込み 、一部を激しく上昇させた。中央構造線が左横ずれし、内帯では火山活動が活発であった。
約2500万年前

大陸の縁の部分で地溝帯が形成され、湖水群や三角州が形成された。九州南西部などの大森林がやがて石炭として堆積していった。
約1900万年前

九州・パラオ海嶺と伊豆・小笠原弧が分離し 、四国海盆が拡大しはじめた。地溝帯はさらに拡大し、海水が浸入した。
約1700万年前

日本海が拡大を始め、四国海盆も拡大し続け、伊豆・小笠原弧がほぼ現在の位置に近づいた。
約1450万年前

オホーツク海が拡大し、干島弧ができはじめた。1500万年前になると、日本海の拡大が終了し、日本列島は本州中部で折れ曲がった。
約800万年前

伊豆・小笠原弧は本州に衝突し、千島弧前部も北海道に衝突した。東北日本はほぼ水没していたが、やがてカルデラの活動が盛んになった。
約500万年前

伊豆・小笠原弧にあった丹沢海嶺が本州に衝突した。西南日本はほぼ陸地化していたが、南西諸島では海水が浸入しはじめた。
約1万8000年前

200万年前より日本海が東進し、日本列島は東西に押さねて山脈が隆起した。氷河時代の最盛期では、海面が下がり大陸と陸続きになっている。
参考文献
  • Kano K, Kato H, Yanagisawa Y, Yoshida F, eds. 1991. Stratigraphy and Geologic History of the Cenozoic of Japan, Geol. Surv. Jpn. Rep. 274. Tsukuba, Geol. Surv. Jpn. 114 pp.
  • Taira, A. 2001. Tectonic evolution of the Japanese island arc system. Annual Review of Earth and Planetary Sciences, 29. 109-134.
  • Taira, A., Ohara, Y., Wallis, S. R., Ishiwatari A. and Iryu, Y., 2016. Geological evolution of Japan: An overview, In The Geology of Japan, 1-24, Geological Society of London, UK.
  • Taira A, Tokuyama H, Soh W. 1989. Accretion tectonics and evolution of Japan. In The Evolution of the Pacific Ocean Margins, Oxford Monogr. Geol. Geophys., ed. Z Ben-Avrham, 8, 100-123. Oxford, UK, Oxford Univ. Press. 234 pp.
  • 浜島書店編集部, 『ニューステージ新地学図表―地学基礎+地学対応』, 浜島書店, 201頁, 2013年.